読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミャンマーほんのちょこっと香港ちょこっと一人旅。 ~香港でスマホ・Lumia625とXperia Vを買った話~

 
 
 
 
 
 
家にあるプラズマテレビの消費電力は500Wくらいです。
冬は部屋が暖かいです。 
 

 
 
 
 
 
 
さて、本題。
 
 
 
 
 
  
 
 
その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
のつづき。
 
 
 
 
 

スマホが欲しい

Windows Phoneが。
 
と、いうワケで翌朝早速スマホを買いに出かけた。
なぜか香港には多くの種類のスマホが売っている。もちろんSIMフリーのものばかり。
今回香港に来た理由の一つはスマホを買いに行きたいというもの。
 
 
 
 

↑31階からおはようございます!
 
今回宿泊したのはザ・エクセルシオール香港。そこのエグゼクティブフロアに泊まるという暴挙に出た。
おいおいここ1泊分でタイやフィリピン10泊分だぞと思いながら震える手で予約した。
 
 
とりあえずスマホを使えるようにしたいということでホテルの近くにあった香港3のショップへ向かう。
 
「3」だけだと何だか全くわからないんだけど、「3」っていうキャリアなんだと思っておけばいいのではないかな。
しかし検索とかしづらいよね、「3」だけだと。
 
と思って香港のGoogleで調べてみたら、「3」だけでちゃんと出てきたw
 

なんだかよくわからなかったけど、Johnっていうお兄さんにお任せでやってみたら1500円くらいで開通した。
3泊している間はずっと使えたのでもしかしたら4~5日は使えるのかもしれない。(ちゃんと話を聞け)
LTEもあるみたいだけど、そんなにガンガン使うつもりもないので、3Gにしてもらった。
 
 
さて、スマホも使えるようになったことだし、早速Windows Phoneを買いに行く。
目指すは隣の島にある旺角という場所。有名な九龍の北側の場所だけど、九龍にも旺角にも香港島からは船か地下鉄かタクシーを使わないと隣の島へはいけない。
 
 
ホテルの近くには地下鉄の駅があるので、今回は地下鉄を使うことにした。


↑香港地下鉄図。日本よりもシンプル。
 
 

駅についたので改札をじっくり観察。
 
 

↑やはり……自動改札か……。
 
 
シンガポールでは自動改札で切符が買えなかったのを思い出し、みんなピッとしているのを見てやっぱりあのSuicaちっくなのがいいと理解。
 
窓口を見ると「オクトパスカード」とか書いてあるので早速購入。
八角形なのかなと思ったが、見た目は普通のカードだった。
後で知ることになるんだけど、このカード、バスでも地下鉄でもトラムでもそして船でも使える。スタバでも使えた。そう、Suicaそっくり。
 
 
地下鉄はやはりシンガポールと同じように、ホームと列車の間が透明な板で仕切られて、電車が来ると扉が開くタイプのやつ。
華麗な乗り換えをキメて、旺角駅に到着。

 

先達広場

旺角で降りて少し歩くと先達広場(実際には先達廣場)というビルに到着。
 
 

↑目立つビルではないけど、1階にもたくさんテナントがあるからすぐわかる。
 
 
ここには小さな携帯ショップみたいなのがとにかくたくさん入っている。新品のスマホも中古のスマホも2Gの古いタイプもスマホ用アクセサリーもなんでもある。
もちろん、日本みたいに通信会社が売っているワケではないので、スマホを買うのに別に契約も何もいらない。身分証明書もいらない。(ある店ではクレカで買う時にパスポートを確認されたけど。)
この気軽さってかなり大きい。だってプランやら毎月の支払いやら契約やら解約やら、そんなこと考える必要が無いんだもん。
 

↑これがビルのフロアにたくさんある。4階建てだか5階建てのフロア全部。
 
 
 
もういろんなスマホがキラキラしてて見ているだけでテンションが上がるんだけど、いきなり買うとだいたい失敗するので、とりあえず全フロアをゆっくり回ってみた。
 
ここでも多いのはやぱりiPhone。新品・中古を問わずほとんどの店で売っている。中にはその場でiPhoneの修理をしてくれるような店もある。
 
その次に多いのはSAMSUNGGalaxy Sシリーズはもちろん、Galaxy Noteも多くの店で扱っている。台数としてはiPhoneよりも多いみたい。iPhoneと違ってバリエーションが異常に多いからね。もちろん日本で売っていないようなモデルもたくさんある。デュアルSIMモデルとか。
 
次は何かな。SONYかな。Docomoやauで売っているものの海外版。っつーか日本版がやや特殊なのかな。いろんな機能がついて。
 
その他、LGもLenovoもHTCも売っている。そして、NOKIAWindows Phoneも、豊富とは言えないけれどもいろいろな店で売っている。
 

ビルの中は禁煙なんだけど、カウンターの影を灰皿を置いてみんなプカプカ吸ったりしているので罪悪感があるんだか無いんだかわからなくておもしろい。
 
そして買ったのはNOKIAのLumia625。23,000円くらいだったかな。ちなみに新品でお店に在庫が無い場合は、何かリストを見て別の店に取りに行ったりしてたので、その辺の情報は共有されているのかな、と。

 

↑紙パックでのご提供です。しかし安い。
 
 
ちなみに写真はさっき撮ったやつですw
 
 

↑今のメイン端末になっちゃってる
 
 
本当は黄色いのが欲しかったんだけど、「無い。白でいいか?」って聞かれてそれでいいと答えたら「あ、オレンジのカバーもあるわ」ってなワケでオレンジのカバーをしてる。
 
 

↑オレンジはオレンジでなんか気に入った!
 
 
 
それまでは5.3インチの初代Galaxy Noteがメイン機1台だったので、4.7インチのLumiaが常用できなかった場合、併用はキツい。と、いうワケで別にAndroid端末も探してみた。
 
 
そして買ったのが4.3インチのXperia V。日本ではDocomoのXperia AXとかauXperia VL SOL21とかで売っている。せっかくだから日本に無いのにすればよかったとも思ったけどまあいいや。
SAMUSUNGの何かでもよかったんだけど、操作性はだいたい知っていたので、SONYのにしてみた。こっちも白とか黒じゃおもしろくないのでピンクにした。
 
LumiaもXperiaもお店の人が売る前にSIMカードを入れて通信テストをしてくれるのでなんだか安心。
 

↑帰国までバッテリーを外してスーツケースに入れておいたんだけどね!
 
持った感じもスポッと手にハマる感じで大変具合がいいです。
 
 

↑保護フィルムはサービスだ!とか言ってたな。いらないって言ったんだけどサービスだ!って。
 
買ったのがクリスマスの頃だったので「ピンクのXperiaなんて、彼女にプレゼントするんでしょ?」って女の店員さんにキラキラした目で尋ねられたので「ノ、ノー……」って言っておいた。えぇ、自分でガッツリ使ってますよ!
 
 

↑シャイニーでいい。このピンク好き。
 
 
 
最大の目的であるWindows Phoneを手に入れたので、とりあえずホテルに戻る。
 
 

↑香港もラッシュ時の地下鉄はかなり混雑する。
 
 
 
 
 
……つづく
 
 
 

おまけ

 

↑香港映画かと思った
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

交響楽団だった