読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年末年始にいろいろ行ってきた。〜シンガポールで南無阿弥陀仏〜

 
 
 
 
お腹の変なところに日焼けラインがあります。
神様、もう少しだけ下ですよ。
 
 
 
 
 
さて、本題。
 
 
その1
その2
その3
その4
の続き。
 
 

Re:セーフティボックスの件について

そういや開かないセーフティボックス。
初日に「明日ね」って言われていたので、次の日、またフロントに聞いてみた。
俺:「セーフティボックス、今日直るんだよね?」
フロント:「何の話だい?今日?無理じゃね?」
俺:「あ・・・・・・そう・・・・・・。」
 
 
期待していなかっただけに期待通りの回答。
このホテルに日本のおもてなしなる思想を、ホスピタリティってやつを誰か教えてあげて!!
 
 
 

そういやシンガポール見てなくね?

船に乗ったりバスに乗ったりしてたので、よく考えるとシンガポール自体は全然見ていない。
と、いうワケでシンガポール最終日は街中をうろつくことにした。
 


↑芝生もキレイ。
 
 
シンガポールは噂通り、非常に街が美しい。
道路なんかも東京よりもずっとキレイ。
 
 


↑ただの道なんだけど妙にキレイ。
 
 
建物なんかは結構古いものが多いんだけど、それにしてもなんか微妙にスッキリしてるんだよね。
 
 

↑何もない交差点も、なんかキレイ。
 
 
普通に散歩してるだけで気持ちがいい。
むちゃくちゃ暑いけどね。
 
 
 

嫌々マーライオンを見に行く。

人の生活感が溢れていたり、日常の生活がかいま見えていたりする場所が好きなので、100%観光スポットみたいな場所にはあんまり行きたくなかったりする。
それでも脳内の
「せっかくシンガポールまで来たんだし、マーライオンとか見とかなきゃ損じゃね?」
みたいな声を聞きつつ地下鉄に乗る。
 

↑お約束のアングル
 
マーライオンの写真って、だいたいこんな角度だよね。いっつも。
実はマーライオンから向かって左側に写真を撮るためのスペースみたいなのがあるので、みんなこの角度になる。
このとき背後から「うわっ、めっちゃマーライオンやー!!」と俺に理解できる言葉が聞こえてきたが華麗にスルー。
 
 

↑そして案外遠くに噴射している。
 
 
マーライオンの周辺を歩いていると、もう一体マーライオンがいるのに気づいた。
 
 

↑ミニマー。
 
ダラダラと蛇口を若干閉め忘れたくらいの勢いで水が出ている。
 
 

↑今日のミニマーさんやべぇよ、ぜってぇやべーよ
 
 
 
そして、同じ場所から見える、カジノ。
初日のタクシー運ちゃんが言っていたアレだ。
 
 
 
 

↑うわっ、バカスwww
 
ねぇ何なの、何なのシンガポール
バブル期の日本かよ!!
 
 
 
 
 
 

シソガポ|ル川巡り体験

そうこうしているうちに、観光船みたいなのが航行しているのに気づいた。
 

↑うわっ、コレ乗りてぇ!
 
 
気がつくと右手にはチケットが。
 

↑シソガポ|ル川巡り体験
 
 
チケットの表記はともかく、早速乗船。
 

↑エンジンじゃなくてモーターだった。見た目以上にハイテクや!
 
 
だがしかし、乗った直後に豪雨。
これでもかというくらい降る。
 

↑南国に来ている実感が湧いてきた!
 

↑ひぃ、豪雨!!!
 
 
でも、そんな雨もほどなく止んだ。
スコールだ、スコール。
 
そうこうしている間にも船は静かに進む。
 

↑観光フィルタがかかっているのでキレイに思える
 
 
モーター船ね、本当に静かだし排ガス臭くないしいいね。
 

↑ショッピングセンター的な何か
 
 

↑ぬおおお、高そうなマンションじゃないか!これも公団のマンションかっ!?
 
 
 

↑そしてレアな向かって右からのマーライオン
 
 
結構な満足度だったので、みんな乗ってみるといいよ!!
 
 

↑オジサン、ありがとう!!
 
 
 
 

日本が結構見つかる


↑\ 熱烈・一番亭 /
 
 

↑\ 究極の炒飯 /
 
 
 

↑\ 和民 /
 
 
 
 

↑\ 佐藤工業・日立プラント JV /
 
 
どこに行っても日本ブランドがあるっていうのは、コレすごいことだと思うなー。
それが日本のものだってきちんと認知されてたら、もっとすごい。
 
 
 
 
 
 

iPhone南無阿弥陀仏


 
割っちまったな〜!!
 
 
あぁ自分で書いていて変な鳥肌立つわ・・・・・・。
 
 
いやまぁ、iPhone割っちまったんですが・・・・・・。
 
 
ホテルの床に落としちゃってね。
床が石だったモンだから。
 
「あ、落ちた。あ、石だ。あ、いやな予感!」
 
んで、見たらこんなん。


↑見事でしょ?でしょっ!?
 
 
保護フィルム貼ってたからガラスは飛散しなかったし、ちゃんと操作もできたので、仕方ないなーくらいの感覚。
 
 
だがしかし、この国で割れたiPhoneを操作していると割と注目される。
 
地下鉄でも
ヒソヒソ・・・・・・Oh, new iPhone? Next generation・・・・・・
 
あぁ神様もう少しだけ目立たない系でお願いしたかった・・・・・・。
 
 
 

タクシーで南無阿弥陀仏

事故ってはいません。
 
でも、南無阿弥陀仏なの。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

↑事故る気マンマンじゃねーか!!
 
 
何で南無阿弥陀仏なのかは知らない。
 
 
すごく飛ばすので死ぬかと思った。
 
 
 
でもスキンヘッドの運ちゃんはすごくいい人だった。
 
 
 
運ちゃん:「この先は渋滞してるから、ここで高速降りるぜ!!目的地まではなぁ、絶対安く連れてってやるよ!!」
俺:「おぉ、ありがとう。うれしいね。」
運ちゃん:「本当だよ!俺ウソつかないからな!」
俺:「わかったよ。」
運ちゃん:「なんで駅までなんだよー。ホテルまで運転させろよー。」
俺:「だって電車の方が安いだろ。」
運ちゃん:「そうだよなー。俺もそう思う!。」
俺:「南無阿弥陀仏って、コレ、俺、読めるよ。」
運ちゃん:「日本人かい?」
俺:「そうそう。」
運ちゃん:「結婚してるのかい?」
俺:「(ハイハイ)してないよ。」
運ちゃん:「何で?」
俺:「それがこの国に来た理由だと思う。」
運ちゃん:「\ハッハッハッハッハ!!!!!/あんた面白いな!日本人にこのタクシー宣伝してくれよ!!」
俺:「(うわっ、すげーウケてる。しかも宣伝は関係ねぇ)わかったよ。遠くからでもよく見えるよな!」
運ちゃん:「ホテルはどの辺りなの?」
俺:「えっとね、インド人街の辺りだよ。リトルインディアとか。」
運ちゃん:「あぁ、ヤツら、匂いでわかるだろ!近くに行くと強い匂いするんだよな!ハッハッハ!!!」
俺:「そ、そうかもね。」
 
 
 

↑そんなスキンヘッド運ちゃん。基本的にいいヤツ。
 
 
 
だがしかし、なぜ南無阿弥陀仏なのかはよくわからなかった・・・・・・。
 
 
 
 

高いチキンライス

あぁ、チキンライスってタイで言うところのカオマンガイだねっていうのを今思い出した。
 
 
シンガポール最終日、マンダリンホテルのレストランに行って、本格的なチキンライスとやらを注文した。
なんと40ドルもした。
 
 

↑確かに、高そうだ。
 
 

↑そして確かに、美味かった。
 
 
でも、あの安いチキンライスと比べて10倍の価値があるかと言えば、No。
むしろあのコスパは凄いっていうのがよくわかった。
 
 
 
 
 
 

おまけ

お気楽セブン。
 
 
 

 
 
 
 
 
・・・・・・つづく