読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年末年始にいろいろ行ってきた。〜飛行機編〜

 
 

30歳になった今でもたまに「白線を踏みながら帰らないと落ちて死ぬ。」みたいなことやってます。
 
 

 
・・・・・・さて、本題。

そりゃ気が引けるって。

なんせ去年の年末と今年の年始の話だもんなぁ。


行ってきたんだよね、いろいろ。
今回のテーマは「パスポートにいろんなスタンプを押してもらおう!」
 
 
12月23日に出発、1月3日帰国というスケジュールで行ってきた。
 
 

行ってきます

まあシーズンだからね。
一番早い時刻のリムジンバスに乗って速攻でチェックイン。並びまくりですよ。
 

↑これだものエコノミーの貧乏人はたまんないよねー!(俺も俺も!)
 
微妙に焦りつつちょっと両替して、ちょっと保険に入り、飯も食わずに検査場に並ぶ。
それでもなかなか列は進まず。
 
 
 

↑あれよあれよという間に保安検査場入り口は長蛇の列
 
 
9時30分発って朝一のバスに乗っても結構ギリギリなのか。うぐぅ
 
 
 

↑この瞬間ってすごくワクワクするよね!ねっ!
 
 
 

CAとヨーダじじぃと俺とベトナム

乗ってしまえばこっちのものなのでとりあえず一安心。
機材はA330で、まだ新しい感じ。しかもエコノミーの先頭の席を選んだので足元が広い。CAさんとにらめっこだけどね!
ちなみにCAさんはガッツリ日本人だった。
  
今日はホーチミントランジットでシンガポールへ行く。
 
 
そんな機内での出来事。オイラは左の通路側の席。
窓側の隣の席には明らかに里帰りのベトナム人。
 

↑このシートマップだと45Bの位置
 
 
そして45Dの席には60歳を優に超えているであろうヨーダそっくりのじじぃが。
 

↑【資料】ヨーダさん
 
 
離陸直後からビールだウィスキーだと軽い宴会状態。
そして想像通り酔っぱらって挙動が不審になる。
トイレに行くにも足元がおぼつかない。
 
 
そしてCAを捕まえてくだを巻く。
 
ヨーダ:「あのねぇ、俺ねぇ、いつもはANAビジネスクラスなんだよ。今日は席が無くてね。」
CAさん:「はぁ・・・・・・。」
 
 
(あぁ・・・・・・めんどくせぇ人がいるなぁ・・・・・・)
 
 
そして機内食の時間。
袖机に食事が乗っているにもかかわらず、じじぃは身を乗り出して足元にあるパンフレットに手を伸ばす。
その瞬間。
 
 
がたっ!!!
 
 
 

腹で押されたヨーダ飯が床に落ちる。
 
 
(あぁ・・・・・・めんどくせぇ・・・・・・)
 
 
実際にめんどくさいのはCAさんなんだけど、手早く掃除をして代わりの食事を運んであげていた。
大変だねぇ。
 
 
しかし、飯を落とすくらいならまだかわいいものだった。
 
 
 

ヨーダの快眠

ヨーダ、目の前の通路に横になり、毛布をかけて爆睡し始めた。
 
 
(うわっ、うわっ、なんだめんどくせぇ・・・・・・)
 
さすがにこれは危ないと思って声をかける。
 
「おじさん、危ないですよ。席で寝ましょうよ。」
 
 
「だぁったくだああ!」
などと声を発して人の手を払いのける。
 
ヨーダは耳が大きいがこっちのヨーダは聞く耳持たず。
ヨーダはたぶん日本語も話せるがこっちのヨーダの言葉は意味がわからない。
 
しかも・・・・・・うぅ・・・・・・息がくせぇ・・・・・・。
 
 
そしてCAさんがあわててやってくる。
 
「お客様、お客様!」
 
「じゃああだああ!」
 
 
どうも客に触れてはいけないようで、声掛けだけで終わってしまう模様。
タクシーも客に触れちゃいけないって言うし、大変だなあ。
っつーか割と機内トラブルだよなこれとかいろいろ考えているうちに、とりあえずCAさんはヨーダの隣に座っていたパツキンカップルを空いている窓際の席に移動させて、本格的にヨーダ対応にかかった。
 
 
「お客様、お客様!お席におつきください!」
 
「っしゃぁコンニャローゥ!」
 
ヨーダが一瞬猪木になったその時、左側から声がした。
 
 
 
 
「もういいよ、ほっとこうよ。」


日本語が超流暢なベトナム人ェ・・・・・・。
 
なんだよ日本語超うまいじゃんかよ。
 
俺:「里帰りですか?」
ベトナム人:「そうです。旅行ですか?」
俺:「はい、トランジットでシンガポールに。」
ベトナム人:「いいですねぇ。」
 
彼は東京の工場で働いているとか。
年末年始は工場がお休みなので家に帰るらしい。
いいヤツだ。
 
 

ヨーダ、起き上がる

ベトナムもほど近くなったころ、ヨーダがむくりと起きて席に座った。
 
CAさんもほっとした表情でオイラの正面に座る。
 
しかしヨーダが攻撃の手を緩めることは無かった。
 
 
ヨーダ:「俺ねぇ、ベトナムに工場持ってるんだ。」
CAさん:「すごいですね。」
ヨーダ:「ベトナム人と結婚すんだ。30歳。」
CAさん:「お若い人ですねぇ。」
ヨーダ:「結婚するならベトナムの男がいいよ。日本の男はダメだ。」
 
 
いやいやいやいや、ヨーダもといじじぃ、お前日本のパスポート持ってんじゃねーかよ!!
「自分を棚に上げて」という言葉がこんなにピッタリはまる瞬間が来るとは思わなかった。
 
 
そして俺は隣のベトナム人に話しかけた。
 
俺:「日本の男はダメなんだって。」
ベトナム人:「そんなことないですよー。」
 
いいヤツだ。
 
 
 
・・・・・・つづく(っつーかまだ海外に着いてすらいねぇじゃねーか!)