読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年末年始にいろいろ行ってきた。〜バスで国境を渡ると思いきや微妙に歩いた〜

 
 
 
一人ファミレス
一人焼肉
一人カラオケ
一人海水浴
一人花やしき
一人ディズニーランド
 
 
 
全て制覇してます。
 
 
 
 
 
さて、本題。


その1
その2
のつづき。
 
 

そうだ、バスに乗ろう

黄色い本によると、シンガポールからマレーシアのジョホールバルまでは電車、徒歩、タクシー、バスのいずれでも行けるらしい。
 
 
徒歩は暑い。電車は駅がよくわからん。タクシーじゃ色気がない。と、いうワケでバスで国境を越えてみることにした。
 
バスステーションまではとりあえずタクシーを使う。
 
運ちゃんは明らかに中国系の面持ち。
 
運ちゃん:「旅行かい?」
俺:「そうだよ。」
運ちゃん:「一人で?」
俺:「(うわまたかよ)そう、一人で。」
運ちゃん:「結婚はしてるの?」
俺:「(こういう質問が日常なんだなぁ)してないよ。」
運ちゃん:「何で一人なんだ?」
俺:「 (工エエェェ(´д`)ェェエエ工工) いや、他に人がいると俺はあっち行きたいだの俺はコッチ行きたいだのうるさいじゃん?」
運ちゃん:「ハッハッハ、そうだねぇ。」
俺:「あなたは中国から来たんですか?」
運ちゃん:「ちがぁぁぁう!!タクシードライバーはシンガポーリアンしか就職できないんだ!」
俺:「(ひぃ変なスイッチ入れちまった)あ、そうなんだー。知らなかった。ありがとう。」
 
 
シンガポールのタクシーの運ちゃんには中国系の人がものすごく多い。
でも中国人かと聞くとみんな凄い勢いで否定する。
中国人と思われるのがイヤなのか、シンガポール人であるというプライドがそうさせるのか。
おもしろい。
 
 
 

たった150円で行けるバス旅行

バスターミナルに着くと、選挙事務所の受付のような微妙な長机が。
ここでバスチケットを買うらしい。
 
俺:「ジョホールバルまで!!」
オッサン:「JBかい?2.4ドルだ!!」
俺:(JBてwwゲロッパかよwwっつーか、やっす!!)
 
 
 

↑【資料】ゲロッパ
 
 
 
バスの本数はとにかく多くて、10分とか15分に1本くらいのペースで出ている。
 
 
 

↑何はともあれ乗車!
 
 
乗車したものの、なかなか発車しない。ぞろぞろと乗客も乗ってくる。
東南アジアにありがちな、満車にならないと発車しませんシステムだった。
 
 
5分も待てばもう満車。
 
バスは高速を快適に飛ばし、1時間チョイで国境に到着。
なにこの快適な旅。安いし。
 
 
出国スタンプを押してもらって、徒歩でマレーシア側の入国審査へ。
 
入国カード書くのめんどくせぇ・・・・・・。
 
 
それでもほどなく入国。
ここで気づいた。バスというか厳密には徒歩で入国だよねコレ。
 
 

3ヶ国目はマレーシア(南の端っこだけ)


↑ひぃ、思っていたより都会だ!
 
 
ジョホールバルは思ったよりも栄えていた。
直前までシンガポールにいたので、それに比べれば確かに街はちょっと汚い。
でもそれはそれでいい。だってマレーシアなんだから。
 
 

↑こういうお店がずらりと並ぶ。
 
 
ガールズにもちゃんとお店は用意してますよ!!
 
 

↑ネイルサロン。美甲屋って言い得て妙だな。
 
キレイに安全に仕上がるかはもちろん不明。
 
 
 
そしてプロアクティブ発見!!
世界共通の悩みだねぇ。
 
 

ペチペチトィールラッチャッチャーイ♪



↑【資料】Proactiv
 
 
「RM199.90」ってのは価格。マレーシアの通貨単位はリンギット。1RM≒27円なので、5500円くらいかな。結構高いね。
 
 
 
赤道近いんだから当たり前なんだけど、まぁそれにしてもどこもかしこも暑い。
とりあえず目の前のデパートに入ってみる。
 

↑すいませんマジ都会でした。ナメてましたJB。
 
 
いやはやデカいわなんでも売ってるわですごいね。
休日にはシンガポール人がたくさん買い物にやってくるらしい。物価コッチの方が安いしねぇ。
 
 
 

↑タピオカジュース飲んだ。
 
 
その場で混ぜてタピオカ入れて、最後になぜか密封してもらった飲み物に、太いストローをなぜか自分で刺すという不思議なシステム。
いや、それ別に密封しなくt(ry
 
 
だがおいしかったので許す!!
 
 
 
体力が回復したところで、せっせとお土産を買い込む。
会社のみなさん、あの美味しいお菓子はここで買いましたよ!!
 
 
そしてここにはプリクラもある!
 
 

 
\ 旋風到来 ますは撮影 超人気の力 /
 
 
 
言いたいことはわかるが割と違う・・・・・・。
 
 
 
そしてバイク。
ベトナムほどではないにしろ、バイク移動する人がすごく多い。
国境付近にも駐輪場があって、こんな感じで停めてある。
 

↑ホンダ車すこい!超人気の力!
 
 
それにしてもこういうところを歩いていると、ある種強烈な違和感というものを感じる。
その秘密は、用事もないのに店先に立ったり座ったりしながらこっちを眺める男達。
 
日本じゃ関係ない店の前に座って道行く人々を眺めるなんてことはしないけど、ベトナムにしろバタム島にしろジョホールバルにしろ、店先で通行人を眺めている人がすごく多い。ましてや観光客はジロジロ見られる。
 
 

↑この写真もそう。手前の店にも奥の店にも人がいっぱい。店員じゃないんだぜ!
 
 
店員じゃないので何が目的なのか不明。
不明なだけにちょっと怖い。
 
 
さて、シンガポールに帰りますか!
 
 

↑国境付近の建物。ここでマレーシア側の入出国審査をやってる。
 
 
あ、ちなみに、マレーシアに入国した瞬間、
「たくしぃ!たくしぃ!!」
とか叫んでるオッサンがたくさんいるんだけど、それは無視して一度広い通りに出た方がいいと思うよ。
メータータクシーたくさん並んでたし。
 
 
 
・・・・・・つづく