読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそり夜桜見物。

子どもの頃、家の外に水槽を置いて、金魚とドジョウを飼っていましてね。
水を交換するときなんかは、そこにホースを突っ込んでホースで水を満たし、水道管からホースを外してあとは重力で水を抜いていくって感じで水を交換していたんですね。
 
 
 
ところが、水を交換する度にドジョウが少なくなっていきましてね。


別に死んでしまったワケではなくて、にょろりとホースから下水へ……。
 

 

 

 
さて、本題。

  
 
 

誰も見ていない夜桜。

ご無沙汰しておりました。


今年は花見の予定とか全然入っていなかったんで、それではちと寂しい。
寂しいならいっそ、誰も見ていない桜を見に行こう、というワケで、近所の桜スポットにやってまいりました。

↑桜っぽいのはわかる。

 

 
この川沿いの桜は、毎年見事な花を見せてくれる。

↑咲きっぷりがすばらしいね。
 

 

独り占め。
贅沢ですなあ。

  
 

もしもし?

電話じゃありません。オマーリサンさんです。
そりゃそうだ。深夜2時頃、住宅街にカメラを持ってうろつく男。怪しすぎる。
コントの警察官さながらに、自転車をゆっくりと左右に漕ぎながらやってきた。
オマーリサン:「何してんの?」
オイラ:「あぁ、桜の写真を撮ってるんですよ、コレ(デジカメの画像を見せる)」
オマーリサン:「あっ、そう。」
オイラ:「もうすぐ帰りますんでー」
オマーリサン:「家とか撮っちゃうと誤解されるから気をつけてねー」
 
 
お仕事とはいえ、お手数をおかけしました。


対岸に置いてあったオイラのバイクににじり寄るオマーリサン。
オマーリサン:「いやね、駐禁取るとかそんなんじゃないんだけどね、バイク使った引ったくりが連続で4件もあったのよ」
オイラ:「はぁ。」
オマーリサン:「盗られた人がナンバーでも覚えてりゃいんだけどねぇ。」
オイラ:「はぁ。」
オマーリサン:「あっ、環七の方に緊急配備入っちゃってるから。」
オイラ:「はぁ。」
オマーリサン:「今日はもう真っ直ぐ帰った方がいいね。」
オイラ:「はぁ。」
オマーリサン:「環七の方は行かない方がいいよ。めんどくさいことになるから。」
オイラ:「はぁ。」
オマーリサン:「じゃぁ気をつけて!」
オイラ:「はぁ。」



そんな大切な情報教えてくれたりちゃっていいのかね。オイラが引ったくり犯だったらどうする!

 

 

目黒川。

昼間は人がいっぱいでしょう、目黒川。
夜は全然いないんだよ。
 
 


↑都会にひっそり流れる目黒川。
 
  

川の両側にちょうちんがかざってあるんだけど、なぜか西側のちょうちんしか点灯してなかった。
「目黒川桜祭り」みたいなことが書いてあったかな。桜とサンマを発作的に置き換えたくなった。花より団子ですよ。

 
 


↑聞こえるのは遠くの道と、少しの風音。ひっそりと花見をしたい。
  
  
 
 

↑夜だったら満開でもいいかもね。昼は七分咲きくらいがいい。
  
 


 

↑左側には、ホテルみたいのがあってそこだけ明るい。
 

 

 

↑なぜか夜中だけ絵になる橋と川。実際は肉眼ではここまではっきり見えません。
  
 

 

 

え?昼の桜も見たいって?

わかりました。
次回はこんなん出ますよ。