読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいノイズキャンセリングイヤホンを買いました。

小学生の頃、秋葉原マハーポーシャに親父と行ったことがあります。店員の目が怖かったのと、お店がとっても臭かったのを鮮明に覚えています。



さて、本題。



たしか、今の仕事を始めた頃に初めてノイズキャンセリングヘッドホンというものを買ったんだ。
電車通勤になるからとかいう理由だった気がする。


初代は、コレ。

SONY MDR-G94NC ネックバンド式ステレオヘッドホン

SONY MDR-G94NC ネックバンド式ステレオヘッドホン


電池はヘッドホン部に入れられるし、ケーブルが短いので、結構条件はいい感じ。
ケーブルが短いことのメリットは、オーディオプレイヤーを胸ポケットに入れたりした時のスッキリ感と、ケーブルが絡まないということ。「音楽聴こう!!」って思った直後にイヤホンが絡まってるといきなりテンション下がるじゃん?


ただしこのヘッドフォン、肝心の性能面は良くなかった。音の質感はイマイチ、開放型という条件を加味してもノイズキャンセリング性能が極めて弱い。
確かに静かになったと思ったんだけどね。


今は現役を退いて、押し入れで眠っている。




次に買ったのがコイツ、MDR-NC22。

SONY ノイズキャンセリングヘッドホン ブラック MDR-NC22 B

SONY ノイズキャンセリングヘッドホン ブラック MDR-NC22 B



カナル型イヤフォンは使ったことがあったけど、ノイズキャンセリングタイプは初めてだった。
部屋で電源を入れた瞬間の感動は忘れないね。隣でうなっていたPCの音が一切聞こえなくなったんだもんなあ。


ケーブルは結構長かったんだけど、胸ポケットにノイズキャンセリングユニットをつけて、オーディオプレイヤーは胸ポケットか、ズボンのポケットに入れるような使い方をしていたので、あんまり邪魔くさいとは思わなかったな。もちろんノイズキャンセリングユニット自体は邪魔なんだけど。
あと、プラグがL字型だったのもよかった。プラグの方を下にしてポケットにオーディオプレイヤーを突っ込んだ時に、ケーブルが断線しにくいからね。


ただ、コイツもナニィータイマーか知らないが、左側のボリュームが極端に下がってしまって、音楽を聴いていると真っ直ぐ歩けなくなったので、やむなく2台目を購入したという経緯がある。
それと、予備のイヤーピースを買おうとしたときに、サイズ別の設定が無かったのはいただけない。Sサイズが欲しかったのに、売っているのはL・M・Sの3点セットのみなんだもんな。


今は、台所のエプロンに入って料理中の音楽プレイヤー専用と化している。料理中はノイズキャンセラーとか使わないんだけどね。



そして今回買ったのがコイツ、MDR-NC33。

SONY ノイズキャンセリングヘッドホン NC33 ブラック MDR-NC33/B

SONY ノイズキャンセリングヘッドホン NC33 ブラック MDR-NC33/B

先日まで使っていたMDR-NC22のクリップ部分が、何かに引っかかって破損、パーツが駅のホーム下に落下してしまったため、また、ノイズキャンセラーをOFFった時に、若干左右で音量差が出ることがあったため後継機を探した結果、コイツに落ち着いた。
前回まではSサイズのイヤーピースを使っていたんだけど、今回はMサイズを使うことにした。ホントはその中間くらいだとちょうどいいんだけどね。


いろんなところのレビューを見ていると、前モデルのMDR-NC22とほとんど変わらないみたいな話が多いんだけど、イヤーピースの遮音性が前回よりも上がっているのか、ノイズキャンセリング性能が上がっているのか、個人的には前モデルよりもノイズキャンセルされているように感じる。


地下鉄でも、新幹線でも、バスでも、特に低音や風切り音は結構聞こえなくなる。レールの「カタンコトン」という振動で、電車というものを認識するという感じ。それこそ新幹線なんかトンネル以外だと動いているのかどうかわからないくらい。お陰で移動時はいろいろなことに集中ができる。




↑左から、MDR-G94NC、MDR-NC22、MDR-NC33


気がつけば全部ソニーだなあ。ソニーにこだわりは無いんだけどね。これ以外に持っているソニー製品といったら、だいぶ昔に買ったCDMDプレイヤーとPS2くらいだからね。




長時間乗り物に乗っていることがある人なんかには、マジでオススメだよ。
新幹線や飛行機、地下鉄なんかだとそれなりに効果あるし。
ノイズキャンセリングイヤホンやヘッドホン自体を使ったことのない人は、最近だと、ちょっと大きな家電量販店に行けば試聴コーナーがあるから試してみるといいよー。音楽切れないから、純粋なノイズキャンセリング効果はわかりづらいかもしれないけど。
ぜひ一度、お試しあれ!