読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しき深紅の道。

昔、近所に「しんちゃん」呼ばれていたアル中のオッサンがいましてね。
ビールを飲んでは、車道の真ん中にあぐらをかいて・・・・・・。






もうさ、みんな紅葉がきれいだきれいだって言ってるワケ。
んで、紅葉知識が全くないのでhttp://www.yahoo.co.jp/:Title=ヤッホーhttp://www.google.co.jp/:Title=ググるでしょ?
したっけ、一番最初にhttp://kouyou.yahoo.co.jp/:Title=紅葉特集2009とか出てくるもんだから思わずクリック。

http://d.hatena.ne.jp/zenkaifc/20091207/1260193615:Title


ここまでは、前回紅葉を見たときといっしょ。
Yahooの紅葉特集で、埼玉県は新座市にあるhttp://www.linkclub.or.jp/~kiyota/heirinji/heirinji.html:Title=平林寺というところの紅葉が見頃だ、と。




とは言っても相手は新座
どこだよ、それ。
得体の知れない恐怖の街、新座


でも地図で見たら近いのね、新座
東京のすぐ隣じゃん!新座





早く本題に入れよ。




大きな地図で見る
↑新座ちかーい!






1時間チョイで着いちゃった。
大きな駐車場がないらしく、お寺の周りはすごい渋滞だった。


バイクはというと、お寺の敷地内に駐輪場があったので、そこへ停める。無料でした。






↑これは・・・・・・いい予感がする!






そして・・・・・・。











↑もう負けた。俺の負け。完敗。



有無を言わせないほどの紅葉。見事。
この木を見た刹那、ため息しか出なかった。








↑入り口。





もうさ、庭園の入り口がコレだもんね。
そらみんな写真も撮るわなぁ。








↑深紅の葉。こんなに濃厚な色あいになるのか!!




もともと緑色だった葉がここまで紅くなるって不思議。
同じ疑問を小学生の頃も持っていたけど、この紅は妖艶な紅。なまめかしさすら感じる。








↑グラデーションが美しい。どこを見ても、飽きない。



一口に紅葉と言っても、そして同じような葉っぱの形でも黄緑、黄色、赤、茶色・・・・・・その色を表現するには言葉じゃ足りない。








↑見上げると、ハラリと黄色い葉が落ちてくる。






↑まるで燃えているかのよう。




庭園の形や通路は変わってしまったのかも知れないけれども、それでも500年以上もこの場にあるお寺。


こういう、公園の道というのもきっと誰かが考えて作るものなんだろう。



この道を造った人は、この両側に木を植えた人は、どんな想像していたのだろうか。
何十年も後に、こんな景色が広がることを想像してこの道を造ったのだろうか。





一歩ずつ進んでいく。
どこまでも、深紅の道。落ち葉の絨毯。




 

 

 

 

 



もう何かのCMに使えそうじゃね?





↑「そうだ、京都行こう」とかどうよ?





そして、木の下を見ると、こちらも紅葉。




↑鮮やかな落ち葉っていうのも珍しい。
  

 



オイラは子どもの頃、海でも山でもない平地に育ったんだけど、家の周りはそれなりに雑木林があったりして。


ここにもありましたよ、武蔵野の雑木林!!



↑こういうところで遊んだなぁ。木漏れ日が暖かいんだ。




 


↑お寺といえば、灯籠。
 

 

 


 



  
  
 
大満足でした。