読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜかビーチリゾートに行ってしまった話 その1

 
 
 
 
 
賞味期限が切れたから俺に食わせようとか、そういうシステムはそろそろやめてもらえます?







さて、本題。



お久しぶりです。
生きてます。
活きてます。
活魚

なんだそれ。




マイルを貯めてどこ行こう

 
去年の夏前の話なんだけど。
遅筆です。
 
 
それなりにマイルが貯まったので、どこに行こうかなーといろいろ探してみた。

……が、現実は厳しい。
マイルと引き換えられるエコノミークラスの特典航空券で乗れるシートなんて、ほとんど空いていない。
23インチフルHDの液晶の前でうーうー唸ってみても、Logicoolマウスのフリーホイールをいくらクルクルしても席は空いていない。
なんだ、快適な家にいろって言うんですかANAさんは。
 
 
などとブツブツ言っていたら一つ思いついた。
 
 
 
 
 
 

       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
    /  `´  \
      ノ
     ('A`) < ビジネスクラス!
     ( (7
     < ヽ

 
 
ビジネスクラスならそれなりに空いていたりするんだな。
もちろん手持ちのマイルではあまり遠いところへ行けないので、やっぱり東南アジア
 
 
そして休みの取れる日程で席が空いていたのはただ1ヶ所マニラ行き。
 
 
 
 
 

マニラって……

以前マニラに行った時はそれなりに味わい深い思い出が……。
 
 
・普通の2倍のスピードでメーターが上がっていくタクシー
・道端に造花をたたきつけてこちらの注意を引き、その花を買ってくれと叫ぶ少女
・路地の真ん中で打ち上げ花火、電線にぶつかってトランスから火花
・「倍払うんだったら倍の速さで空港まで乗せて行ってやる」と言って、赤色灯とサイレンをちらつかせるタクシー運転手
・薄暗い路地で「ヒトバン500ペソ!!ヒトバン500ペソ!!」と叫びながら追いかけてくるオッサン(でもオカマ
・500ペソ(1000円)もらったってキツいわ
 
 
 
 
マニラねぇ……
 
 
観光地を探してみると要塞、教会、マニラ湾……。
グッと来ませんなぁ、なかなか。

 
 
それで少し考えた。
 
 
 
 

マニラじゃなくてもよくね?

 
よくよく考えたら別に首都じゃなきゃいけないなんてコトはない。
フィリピンは島国だし、なんせ南の島。いろんなビーチがある。
 
「フィリピン ビーチ」約 3,510,000 件 (0.12 秒)
「フィリピン 美しいビーチ」約 566,000 件 (0.18 秒)
 
 
 
そして決め手はコレ。
 
 

↑アジアのベストビーチだって!
 
 
 
そうねこのボラカイ島ってトコよさそうね。
 
 
 
 
でもどうやって行くんだよココ。
っつーかドコだよココ。
 
 
 


↑ココ!
 
 
 
 
「ボラカイ島 生き方」約 33,500 件 (0.27 秒)
「ボラカイ島 行き方」約 6,830 件 (0.12 秒)
 
なんで生き方の方が多いんだよってのは別にして、マニラからはカティクラン空港ってところに行けばなんとかなるらしい。
 
 
とりあえず、ビジネスクラスの特典航空券予約をしてから考えることにした。
 
 
 
 
 

ボラカイ島への行き方をねっとり調べる

 
 
「ねっとり調べる」と「ネットで調べる」は似てるけど全然意識してないよ。
 
マニラからはどの航空会社で行けばいいのかな?と思って調べてみる。
でもマニラ国際空港で調べると、結果がたくさん出てアバババばってなるので、カティクラン空港へはどの会社が飛ばしてるのかな?って調べたほうがたぶん早い。
 
マニラ - マレー 時刻表 | FlyTeam(フライチーム)
 
Cebu Pacificと、AirPhil Expressと、SEAirですか。
 
各サイトで日程と航空便を選んで一番安いところを探した結果、今回の日程ではSEAirが良さげだということがわかった。
保険も入れて、当時は往復で総額7000円台片道3500円と考えれば安いぞ!
 
 
ちなみに、SEAir、日本語サイトもあって、こちらで検索してみると往復で2万円くらいした。
同じ便なのに……。
よほど不安でなければ、英語予約のほうがお得ですよ!
 
 
 
そういえば、サイトのどこを探しても超過重量分の支払いについて書いてなかったので、メールで質問してみた。
「スーツケースの重量がオーバーしそうなんだけど、持っていける?持って行くとしたらいくらかかるの?ドコで払えばいい?」
 
待つことフィリピンタイムで4時間……(日本では4日経過)
 
「持ってきなよ!1kgで100ペソ払ってね!カウンターで!」
 
 
お、おう、サポートもバッチリだぜ!!
 
 
 
 
……つづく