読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海の幸、ダイコン、ネコの楽園。その1。

小学1年生の頃。通学途中の公園で丸一日ガチョウやアヒルを追いかけて学校に行かなかったことがありまして。
警察に連絡が行ったとか行かないとか。
だって追いかけると逃げるんだもん、ガチョウ。





さて、本題。




三崎ですよ、三崎!!
岬じゃないですよ、美咲でもないよ!ってか誰だよ美咲ってオマエさん出てくるなよ!



何があるかよく知らないんだけど、とりあえずサカナが食べたいので行ってみようと。
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1406/A140603/14003701/:Title=ココに行ってみたかったしねー。




10時頃家を出たんだけど、途中で幸浦のNAPSに寄ってリアブレーキシューの交換をしてもらってたから、現地に着いたのは14時過ぎくらいだったかな。

大きな地図で見る
↑首都高横羽線→大黒線→湾岸線→横浜横須賀道路→三浦縦貫道路→三浦サンサンラインとか難易度高くてワロタw




お魚天国。

まぁ着いたときはもう既にお昼なんかとっくに過ぎていて、お店も割合空いていたのですぐに注文。

↑マグロ丼。むふふ。



日本人はマグロが好きですが、私も好きです。マグロ丼が運ばれてきたとたんにニヤケていたはずです。
あんまり期待していなかったんだけど、結構おいしいね。
脂も乗ってたし。甘かった。





んで、こういうお店でよく頼むのがいわゆるアラ汁。
お店のオバチャン曰く、
「大きいですけど大丈夫ですか?」
いいえと答えちゃ男がすたる。

↑アラ汁。でけぇよww奥にあるのはiPhoneだよw




オバチャンの忠告通りだった。
しかし力士の優勝杯じゃないんだからこんなに大きな椀で出さなくてもいいじゃない。
そしておいしくない
量があっても別に平気なんだけど、量があっておいしくないものって、そらしんどいでしょう。
これではお腹も心も消化不良になってしまうので、もう一品頼んだ。



俺:「すいません、今日のオススメみたいなのってありますか?」
オバチャン:「今日はね、スズキと真鯛のカシラの煮付けっていうのがオススメ!」
俺:「あ、じゃぁそれください。」
オバチャン:「え、いいの?大きいわよ。」



また大きいのか!!



しかし、ここでいいえと答えちゃ男がs(ry
俺:「あ、はい、がんばります!(キリッ




何だよそれ何で俺魚の頭食うのをがんばるんだよ。



さて、マグロ丼もすっかり制覇してダラダラしてたらやっと煮付けがやってきた。

↑やっぱりでけぇww奥にあるのはiPho(ry



これってさ、家族4人が仲良く食べるとか、そういう食べ物じゃね?
こっちは一人だよ。6人席に一人だよ!
著しく不利じゃね?




肝心のお味はというと、これは実においしい。マグロ丼と同時に来ればもっとおいしいんだろうなあ!
魚も脂が乗っているし、ほっぺたも目玉もホクホクでかなりイケてた。
さすがオバチャンだ。これはオススメだ。







大根天国。

景色を見ていると、どうやらこの辺は大根栽培が盛んなようで、いたるところで大根畑を見る。

↑こんなのや、



↑こんなの。





↑大根さんこんにちわ!



んで、よくありがちな道端の露店で大根を売っているのでちょっと寄ってみた。



俺:「コレください!」
ばあちゃん:「青首大根かい?(´・ω・`)
俺:「あっ、えっ、いやっ、やっぱコッチください!」
ばあちゃん:「三浦大根だね!(`・ω・´)」


どうも三浦大根を食べてもらいたかったらしい。
この辺でしか作ってない大根だしね。
まぁつまり俺は一瞬青首大根と三浦大根の区別がつかなかったワケだそういうワケだ。



この三浦大根っていうのは青首大根がスラッとしているのに大して、どちらかというとずんぐりむっくりという感じの造形をしている。
コッチのほうがよほど大根足だなぁ。



んで、持ってきたリュックに入れようと思ってたんだけど、でけぇw
葉っぱと根っこの部分を別に切ってもらったんだけどね。それでも大きい。

↑大根を押し込んだ。大根しか入ってないのにもういっぱい。



なるほどこれは立派な大根ですな。
帰ったら早速食べてみよう。






そして今回の第二の目的地、城ヶ島へ向かう。
 
 
 
 
 
つづく……