読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ThinkPad X60sのCPUファン交換&キーボード交換。

CPUファン交換したいのだ!

以前のエントリで、我が愛機、X60sのCPUファンから異音が発生している話を書いた。
X60sから異音が出始めた。 - 1分間プログラマ


んで、最近はそのカラカラ音がもう結構うるさくなってきたので、交換してみようか、と。
ハムスターのクルクルが壊れたときみたいな感じだったんだよね。あ、わかんないか。
カリカリガリガリうるさくって。



おかまいも。←子どもの頃、お買い物を「おかまいも」と言ってたらしい。

  • パーツナンバーを調べる。

レノボのサイトから、保守マニュアルをダウンロードする。




まぁ何と言いますか、ThinkPadはここから違うんですよ。
なんせこのマニュアル、パーツさえあれば、自分でノートPC作れるんじゃないかと思わせるくらい細かい。

↑こんな図や、





↑こんな図がとにかくたくさん載っている



そしてこの同じマニュアルに、どのパーツがどの番号なのかの表もどっさり載っているので、その番号をチェックしておく。





  • IBMのパーツセンターに注文する。

Lenovo PC保守部品購入に関するご案内
(PDFなので注意)



ただし、このPDFに搭載している電話番号からは直につながらなかった(番号案内が流れる)ので、別途電話番号をメモって注文した。
勝手に公開するのもアレなので、興味のある人は調べてみるといいと思うよ。




同じX60でも、CPUの種類や、登場したモデルによって違うパーツが使われていることが往々にしてあるので、自分のモデルNo.をきちんと把握しておくと、後で調べ物をするとき非常に楽ちん。
よくわからなければ、ThinkPadからこのサイトにアクセスをして、型番を自動判別させてしまうのが一番楽。




ちなみに今回は、低電圧版CoreDuo用CPUファンと、Chicony製キーボードを注文した。
それぞれ、4,560円と、9,200円に送料1,000円、消費税合わせて総額15,498円だった。
価格は時期によって変動するので、同じ価格で買えるとは限らない。ただ某店ではこのCPUファンが倍の価格で売っていたり、交換まで含めると12,000円ほど取られるので、まぁ安いといえば安い。ここはリスクと引き替え。




あ、そうそう。
せっかくだからネジも新品にしようかなーとか思ってねじキットなるものも見積もってもらったんだけど、部品センターのおねいさんが


4,000円チョイですね。



とか言うので、やめた。2秒でやめた。
なんだそれ、サービス料と深夜割り増し料金がかかってんじゃないのか?




注文すると、注文書がFAXで送られてくる。
オイラはFAXを持っていないので、昼間にゴニョゴニョった。



注文するときに、在庫状況も調べてくれるので、在庫切れの部品でもすぐに欲しい人は代替品があるかどうか(キーボードなんかは英語キーボードだけでも3〜4種類くらいあるらしい)を聞いてみるといいかも。



  • 振り込む。

スイス三菱UFJ信託銀行にお金を振り込んだら、振り込み用紙のコピーと、押印した注文書をFAXで返送する。


んで、在庫があれば2〜3日で届く。

↑こんな感じ。




いや、思いの他早くてビックリ。
東京の倉庫から運ばれてきたみたいだけど、なぜか日通航空が届けに来た。
個人向けはあんまり慣れていないのか、割とめんどくさそうだった(笑)。

↑箱の中身はこんなん。




交換する

パーツが届いたら、中身を確認して、交換をする。




さて、肝心の交換作業なんだけど、アレだね、心と時間に余裕のあるときにやったほうがいいかと。





↑作業開始!!HDDを引っこ抜いたら、まずはキーボードを外す。






↑裏側のねじが、4〜5ヶ所と、やさしさでキーボードを外す。






パームレストも外す。新品買っておけばよかった。。





LCDの配線やら無線LANモジュールやらを外したらメインボードを外す。






↑右側が新ファン、左側が旧ファン。見た目じゃわかんないよね。中の軸がダメなんだから。





↑あとはだいたい元通りにしていく。






パームレストを装着!!ノートっぽくなった。




全部で2時間くらいかかった。
次からはもう少し早くなると思う。




あ、そうそう、ネジが1個余ってんだけどさ、何だコレ?
きちんとパーツごとにネジはまとめておいたんだけど、最後のメインボードを外すところで作業が雑になっちゃった。


まぁいいや。動いてるし。
 
  

  

キーボード変わったよ。

NMB製キーボードからChicony製キーボードになった。
それにしても1万円もしないでキーボードが新品になるっていうのは気持ちがいい。普通の人は高いと思うんだろうけどw



んで、いろんなサイトに書いてあるとおり、どっちがいいかはやっぱり好みの問題。
Chicony製の方はNMB製よりも重くて、よりクリック感があるね。音がしないメカニカルみたいなタッチがある。



うーん、今の段階ではNMB製の方が好みだったかなぁ。押下感と戻り感がちょうどいい。
気分が乗ってきて、バババババッと打ちたいときはNMBのほうがいい。
Chicony製は、打つとき重くて戻りが早い感じ。しばらく打ってみて、ちょっとヘタッてきたら最高な気がする。はっきりしっかり打ちたい人向け。
  


とりあえずしばらくChicony製を使ってみよう。


どこか壊れてなくても、キーボードを新品に交換するくらいなら簡単だしオススメだよ!!