読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOHOシネマズの紙兎ロペがシュールすぎる件。

映画っていうのはすごく大人のシュミだから、大人になったらたくさん見に行きたいな−!




って思ってたのはオイラが子どもの頃の話。




それを現実のものとしているのは、ここ1年くらいなので、やっとオイラも大人になったということなのかな。






さて、タイトルの話。


オイラの場合、会社帰りに映画を一人で観に行こうとなると、TOHOシネマズに行くことになる。


上映前に他の映画のCMとかやってるんだけど、そのときに上映されている紙兎ロペっていう作品がシュールでおもしろい。





↑紙兎ロペ「携帯ゲーム編」




こういう感じって大学生くらいの先輩・後輩にありすぎてありすぎて。





↑「海編」



この作品の空気感って、この「間」がすべてだよね。 


よし、また映画を観に行こう。