読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

苦手なこと。

眠れねぇ・・・・・・。
あんまりネガティブなコトは書こうと思ってなかったんだけど、吐き出したいので。

プログラムを組むのが苦手。

いきなり本業なワケで。
実際の所、書いている時間は総労働時間の10%にも満たないのでなんとかやっていけている。
その中でも、全く新しいアーキテクチャを採用してみたり、根本的な言語仕様から、もっとも効率のいい方法を探し出したり、そういうことが苦手。
でも実際、仕事として組むプログラムは、パーツを組み合わせればできるものが多いし、なによりそうしなければ利益が出ない。会社がリリースする製品として、100点満点より80点でいいという根本的な考え方自体、プログラマっぽくない気がする。
仕事のために必要だから覚えたっていうスタンスがマズいのかな。楽しいと思ったことがない。


もうね、コーディングしている時はゾンビですよ。記憶もないし、飲み会にも参加しないし、会話もしない。心底イヤというか、落ち込む。
なんとかすりゃいいじゃん!ってよく言われるんだけど、まぁ、イケメンに同情されるブサメン状態ですわ。


最近は、ちょうど会社でコーディングしてる。
死にたい。



人を誘うのが苦手。

プライベートですね。
仕事でお客さんと打ち合わせをしたり、スケジュールを調整したり、プロジェクトの人員配置を管理したり、そういうのは全然楽ちんなんだけど、仕事以外で飲みに行くだとか、メシを食いに行くだとか、そういうのに人を誘うのが本当に苦手。
本当は一緒にメシを食ったり飲みに行きたいんだけど、どうにも誘い方がわからないからしんどい。相手の性別は関係なくね。それでも誘うときはものすごく勇気をふりしぼって誘う。


よくよく考えてみると、子供の頃から自分から友達を誘うとか、そういうことを一切しないで育ってきてるんだよね。
この歳になるまで、誕生日パーティーをやったのは3回だけ。しかも周りが全部やってくれた。
「ぜひ来てね!」
なんてのは一回もないし、家に友達を呼んだのもないな。「zenkaifcの家、行こうぜ!」って周りが言って、遊びにくるとか、そんな感じ。


でもさ、ホントはいろんな人とメシ食ったり飲んだりしたいんだぜ!!!







失敗した状態を周りに見せるのが苦手。

簡単に言うと、「失敗が許されないと思いこんでいる」ということ。
まぁ仕事でもプライベートでも、とにかく失敗するのがイヤだし、それを人に見られるのはもっとイヤ。
この仕事を始めて1年目から「絶対にミスはできない」って思っていた。
でもまずそんなことは不可能なワケで。ミスをしちゃ落ち込み、帰宅途中に泣いたりもした。
とにかく自分の失敗を見られることが恥辱屈辱だと思っている。


今でこそミスも減ったし、むしろ正面にはお客さん、後ろには後輩がいる分、プロジェクトでミスをすると会社の信頼を失い、さらに後輩の査定にも響く(業績の上がらないプロジェクトに在籍しているだけで印象は悪い)ので、それこそミスができない。
結果として、既定路線を踏襲するような保守的な仕事のスタイルになっている。
これに関してはだいぶ変わってきたけど。いろんな提案をするようになったし、相手が上司だろうと何だろうと、会社が成長していく上で障害になるようなことはどんどん指摘して改善するようになってきた。慣れただけなのかもね。






技術的なことで教えを請うのが苦手。

と、いうか、やっちゃいけないと思ってた。
仕事を始めた頃に、技術的な質問をすると先輩社員にこっぴどくしかられた。技術は今あるソースから盗め、ネットで調べればいくらでも出てくる、本もある。だから聞くな、と。
それはそれで今でもスジが通っていることだと思うんだけど、相談すらできなかったから、「やっちゃいけない」と思ってたんだよね。


ところがそれが、つい3週間前に崩壊する。
出張先で夕飯を食いながら
上司:「なんで相談に来ないの?」
俺:「えっ?技術的なことは調べりゃわかるじゃないですか。」
上司:「そうじゃねーよバカヤロー!」
まぁまとめると、会社として利益を出すために仕事をしなきゃならないんだから、相談してその分、製品が早くできあがるのが一番だろ、と。


ただなんというか、クセというか、未だに聞いてないんだよね。




少しずつ克服したいね。

メシ食いに行くなんて思いっきりフツーなんだけどね。



まぁそのうち得意なことでも書きます。