読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここのところ、ちょっとカオス。

さあゲームの始まりです。

金曜日その1。

大阪の客先で仕事を終える。
20時台ギリギリの新幹線に乗る。


記録:Let's Noteのバッテリー、45分だけ持つ。
記憶:静岡より東、なし。


金曜日その2。

品川で降りる。いやいやいやいや、寒いだろっ!!!
日付が変わってから帰宅。
洗濯やらなんやらをして、脱水が終わったら干そうと思いつつソファーに横たわる。


記録:東京の最低気温、17度。
記憶:洗濯機の音が遠のいてから、なし。


土曜日その1。

寒い寒い!!震えが止まらない止まらない!!
ガクガクガクガク・・・・・・。
「うぅーーーー・・・う゛う゛う゛う゛・・・・。」
へんなうなりを上げながら震える。死ぬかと思った。



記録:震え2時間。
記憶:死ぬかと思ってから、なし。


土曜日その2。

朝方、汗だくになって起きる。
熱を測ったら負けだと思いつつ、休みだからというワケのわからない理由で測ってみる。


いろんな意味で負けっぽかったので、病院へ行く。



記録:39.7度。
記憶:お医者さんのノートPCがVAIOのType Tだということ以外、なし。


日曜日その1。

熱が下がらない。
で、で、でも頭が痛いから、た、たぶんすぐ治るんだな。


記録:39.2度
記憶:横向きの部屋以外、なし。


日曜日その2。

熱が下がった。わかってたのさ。
さすが、俺。
先輩に譲るPCの移植作業を進める。
久しぶりにあのうるさいビデオカードを引っ張り出してきた。


記録:FFベンチHigh5000オーバー。
記憶:ホコリすげーなwwwwホコリごと譲ってやんよwww


月曜日その1。

またも1週間ぶりに東京へ出社。
また明日は4時半起きで大阪に出発なので、フレックスをフル活用して3時に帰ろうと決断。仕事を早々と切り上げる。
そこへやってくる不穏な影。
上司:「アッチの奴らが全然仕事しないから取ってきたよ。」
(ちょwwwそれ俺が取ってきてアッチに出した仕事ww)
オイラ:「あーそうなんですか。で、誰がやるんですか?」
上司:「前半は俺が全部やるから、その後はzenkaifcがやれ。」
(ちょwwwwこの人からドキュメント出てきたの見たことないwww)
オイラ:「いやいやいや、俺、大阪ですよ!?」
上司:「いやぁ、それが終わってからでいいからさ、ハハハッ!」
死亡フラグktkr)
上司:「んで、客先で話聞いてきたから。見積もりも出しておいたから。」
(ちょwwwなにこの見積もりwwww12月納品とか何なの?バカなの?死ぬの?)
上司:「内容としては・・・・・・・・・・・・・」
(やっぱしwwwww口頭だけなのねwwwwww)


記録:タイムカードの打刻時刻、18時
記憶:整理がつかず


月曜日その2。

想定していたよりも帰りが遅くなったので、急いで帰ろうとしたその刹那、親からメールが。
親父:「今日何時ごろ終わるのよ?」
イヤな予感がしたので、今日は帰らなければならないニュアンスを醸し出しつつ返信。
オイラ:「明日は大阪出張で4時起きだから、早めに仕事を切り上げて今帰るところ。」
親父:「銀座のギャラリーに来てね」
(親父、よくメール嫁)


孝行息子は銀座でのディナーをプレゼントをしました。


お袋:「ホラ、ステーキ弁当買ってきたから!明日の朝食にしなさい!!」
(4時半起きでステーキ食えってwwwwさすがオイラのお袋wwww)


記録:3時間。
記憶:プライスレス。


火曜日。

たぶん始発の新幹線で出発。たぶんね。